エンタメ

麻生太郎の娘・彩子と水道の関係は?旦那はフランス人で御曹司って本当?

政治家として活躍している麻生太郎さんには息子と娘がいます。

それぞれ結婚されていますが、娘の彩子さんはフランス人の旦那さんで大手水道会社の御曹司と結婚されたことが話題になっていましたね。

水道事業のことになると娘の彩子さんの名前も度々出てくるのが気になります。

麻生太郎さんの娘・彩子さんと水道の関係と旦那さんはフランス人の御曹司についてお伝えします。

麻生太郎の娘・彩子!

麻生太郎さんは息子と娘の2人の子供がいます。

息子の麻生将豊さんは現在「麻生商事」に勤めており、娘の彩子さんはフランスに嫁いでいます。

人物,画像
  • 名前:麻生彩子
  • 生年:1988年
  • 学歴:聖心女子学院から東大文学部

聖心女子学院はお嬢様学校です。

日本だけではなく世界各地にある由緒ある女子校。

大きなメーカー社長の令嬢や官僚の娘、医者の娘さんなどお嬢様ばかりです。

麻生彩子さんは留学経験も豊富で様々な語学も話せるようで、物怖じしない性格だと言われています。

麻生太郎の娘・彩子と水道の関係は?

人物,画像

麻生太郎さんといえば、日本の水道事業を「民営化します!」と言って話題になっていましたね。

水道民営化は麻生太郎さんが儲かるようになっているなどいろいろな噂があります。

水道民営化という言葉と同時に、娘の彩子さんの名前も度々出てきます。

ご存知の方が多いかもしませんが、なぜ娘の彩子さんと水道が関係しているのかまとめました。

  1. 彩子さんが大手水道会社の幹部と結婚した
  2. 彩子さんの旦那がロスチャイルド家の一族である
ロスチャイルド家とは?
  • ヨーロッパの財閥であり、貴族の一家
  • 政財界に多大な影響を持っている
  • 銀行家として成功し、世界中の国家の通貨発行権を持っている
  • 自分たちの自由のためにお金を刷ることができ、世界中の金融をコントロールしている
人物,画像

もちろん世間にとって、水道事業は民営化されたくないもの。

水道民営化のお話です。 麻生太郎は、全世界のお札を発行する中央銀行を支配するロスチャイルドの親戚だ。 ロスチャイルドの手先なのである。 水道事業をフランス人の 娘婿の会社に売り渡したのだよ! 最悪!!郵政も大株主だしね!!

 

麻生太郎の娘の嫁ぎ先がどこだか分かりますか?彼は悪魔です。国民は虫けら以下としか思っていない。なぜ水道が民営化されたことを阻止する人がいなかったのか悔しいです。

 

水道民営化に伴って4月から水質緩和されて、身体に有害なフッ素が水道水に沢山含められるかもしれません。水道民営化事業には、麻生太郎の娘が世界を牛耳る「ロスチャイルド」の分家に嫁いで日本の水道事業に入り込んでる。

 

のりくん
のりくん
利益を出すために値上げして、サービスは低下するかもって。。。

麻生太郎の娘・彩子の旦那はフランス人で御曹司って本当?

彩子さんは東大文学部で美術を学び、大学卒業後にイギリスへ留学した際に出会ったのが、フランス人のフレデリック・デボンさんです。

美術のオークションを手掛ける会社に勤めてから出会ったそうです。

フレデリック・デボンさんは、「デホングループ」といった大企業の御曹司。

「デホングループ」は協力会社として「ヴェオリア・ジェネッツ」というフランスの大手水道会社の幹部をしています。

彩子さんの旦那さんの一族が経営しており、

「デホングループ」は「ロスチャイルドの分家」と言われていることから、麻生太郎さんの娘の彩子さんはロスチャイルド家の日本人女性と言われているようです。

とても誇らしい御曹司ということはわかりますが、やはり気になるのが「日本水道事業の民営化」ですよね。

生きていく中で水は必要不可欠なもので、値上げされ、サービスが低下してしまうと生活が息苦しくなってきますね。

国民にもっと寄り添って頂きたい気持ちです。