エンタメ

めるる(生見愛瑠)のすっぴんが可愛い!昔と現在の顔画像を比較!

めるるの愛称で親しまれているモデルの生見愛瑠(ぬくみ める)さん。

ナチュラルで可愛いめるるですが、それでもすっぴんが気になりますよね。

昔と現在の顔画像を比較してみたところ、年齢を重ねるにつれ垢抜けています。

今回はめるるのすっぴん画像と昔と現在の顔を画像で比較しました。

めるる(生見愛瑠)のすっぴんが可愛い!

2018年1月のYouTube・Popteen TVにて「毎日メイク2018新春」の企画をUP。

めるるのすっぴんとメイク後の顔画像はこちら!

女性,画像

めるるのすっぴん可愛いですね!

こちらの画像はカラコンと血色リップをしている為、本当のすっぴんではないです。

普段からナチュラルメイクのめるるですが、顔の血色がメイクをすることに良いって明るくなっています。目元も更にぱっちりとしていますね。

2018年に毎日メイク動画を投稿してから2年後に毎日メイクをUPしためるるですが、撮影直後だったのでベース・マスカラ・アイブロウは既にメイク済みで登場。

女性,画像

めるる本人は「顔が薄い」と言っていましたが、ナチュラルで可愛いです。

なかなかめるるのガチのすっぴんが公開されることがないですね^^;

スポンサーリンク




めるる(生見愛瑠)の昔と現在の顔画像を比較!

めるるの昔と現在の顔画像を比較しました!

ニコプチ時代からポップティーン、CanCam、現在の顔画像を比較すると垢抜けていたので紹介しますね。

JSガール時代

少女,画像

めるるは小学生向けファッション誌の「JC(ジェイエス)ガール」に読者モデルとして活動していました。

安室奈美恵さんのファンだった母親の勧めでavexの名古屋校に通っていました。

地元やダンススクーにへ名古屋に出てくると周りのみんなはお洒落なファッションを着こなしているのに、めるるだけいつもジャージだったと言います。

それが恥ずかしくて、モデルみたいにいろんな洋服を着こなせる人になりたいとモデルになる決意をします。

JSガールにはめるる自ら応募し、読者モデルとしてスタートしました。

ニコ☆プチ時代

少女,画像

めるるは2013年第2回ニコプチモデルオーディションでグランプリを受賞し、専属モデルになります。

最初からニコプチのオーディションを受けていたわけではなく、エイベックス・マネジメント主催の総合エンタメコンテストの「キラチャレ2011」に応募するも地方予選で落選。

キラチャレの応募部門は「モデル」「歌」「ダンス」の3部門。

予選で落選したものの審査員の目に留まりエイベックスへの所属が決まります。

コーデ選手権を経てニコプチの読者モデルとして活動。

めるるが小学6年生の時にニコプチの専属モデルオーディションに応募して合格。

2014年4月号から2015年6月号までニコプチの専属モデルとして活躍しました。

Popteen時代

少女,画像

めるるはニコプチを卒業後、東京ガールズオーディション2015にて「popteen賞」「Ray賞」のダブル受賞を獲得!

2016年1月号よりPopteenの専属モデルとして活動します。

13歳でPopteenの専属モデルとなっためるるは、

“にこるん”こと藤田ニコルさんなどの人気モデルを育ててきた『Popteen』森編集長は「中学生とは思えないオーラがある。Popteenという雑誌の特性上、これから個性を磨いていくことになりますが、このコはきっと将来のPopteenを背負って活躍するモデルになりますよ」とコメントしています。

引用元:ガジェット通信

Popteenの人気順では最下位に近かったものの、人気No.1を獲得するまでに上り詰めました。

雑誌,画像

5年間もPopteenモデルとして活躍!

また、めるるの知名度が急上したきっかけは、AbemaTVの恋愛リアリティー番組「太陽とオオカミくんには騙されない」に出演したことで反応が大きく自信に繋がったというめるる。

CanCam時代

2021年3月にCanCamの専属モデルとなっためるるは、加入していきなり表紙デビューを果たします!

女性,画像

Popteen時代からポージングを参考にしていたCanCamの専属モデルになれたことにめるる本人もびっくりしたそうです。

憧れだった雑誌の専属モデルになれたことに益々仕事を頑張っていきたいというめるる。

昔の読者モデルから現在の専属モデルのめるるを比較すると圧倒的に垢抜けていることがわかりましたね^^