政治家

大村秀章知事の出身地はどこ?高校や大学の偏差値について調査した!

男性

生まれ育った愛知県の魅力を世界に届けたいと政治活動に励む大村秀章愛知県知事。

大村秀章知事の出身地は、愛知県碧南市とのどかな地域で育っています。

政治家になるまでの努力が素晴らしく、高校や大学は偏差値が高いところに通っていたことがわかりました。

大村秀章知事の出身地と高校と大学の偏差値について詳細をお伝えします。

大村秀章知事の出身地はどこ?

男性

  • 名前:大村秀章(おおむら ひであき)
  • 生年月日:1960年3月9日
  • 趣味:読書、サッカー
  • 大学時代はアメリカンフットボール部に所属
  • 好きな食べ物:味噌煮込みうどん、うなぎ、名古屋コーチンの味噌鍋

大村秀章知事の出身地は、愛知県碧南市(へきなんし)。

碧海郡の南部にある名古屋駅から車で1時間はかかる地域です。

碧南市は農業や漁業、鋳物、醸造もありだいたい5〜10人ぐらいの規模で製品を作っている会社が多いそうです。

地図

昔ながらの町という感じなので、ゆったり・おっとりしている人が多い町。

愛知県と言っても「碧南市」はあまり聞いたことがない方が多いと思います。

名古屋市のようなビルや繁華街はほとんどなく、住宅地の周りには畑や田んぼ、小さな工場などがあるのどかな町です。

現在は、大村秀章知事は愛知県安城市篠目町に住んでいると公表していました。

スポンサーリンク




大村秀章知事の出身高校と偏差値について調査した!

大村秀章知事は愛知県立西尾高等学校、偏差値64とトップの高校に通っていました。

高校時代から「東京大学に進学して官僚を経て政治家になるという進路を決めていた」そうです。

学校

勉強に没頭していたのは、幼い頃からいじめられていたことが理由でした。

大村秀章知事は2歳の時に近所の犬に顔を噛まれて大怪我をしました。

顔中が縫い目だらけだったので「縫い目」「フランケン」などと呼ばれ、苦しみを跳ね除けるために勉強に没頭したのです。

—-2歳のころ犬にかまれて顔に傷痕が残ったことで、小さいころいじめられたそうですね。
「子どもは、見た目が違う子をいじめますよね。今でこそ傷が大分癒えていますが、小さいころは顔じゅう縫い目だらけだったせいか、『縫い目』とか『フランケンシュタイン』とも呼ばれていました」「呼んだ方は忘れちゃうんですが、言われた方は覚えているんです。痛いから。悲しいか。世の中には、やられた者でないと分からないことがあります」

引用:雪の街だより

男性

悔しい、悲しい思いを勉強にぶつけていた大村秀章知事は強いですね。

勉強だけではなく、よく釣りもしていたそうで高校時代はとても楽しかったと語っていました。

大村秀章知事の出身大学と偏差値について調査した!

大村秀章知事は、高校時代に宣言していた東京大学法学部に合格。

東京大学法学部の偏差値は67。

高校時代に宣言していたとおり東京大学に進学しました。

法学部には3つのコースがあります。

  • 第1類 法学総合コース
  • 第2類 法律プロフェッシェンコース
  • 第3類 政治コース

政治家になるためのコースを選んで大学でも更に勉強に励んでいたのですね。

男性,文字

大村秀章知事の家庭は経済的に貧困ではありましたが、兄弟全員大学に進学させてもらえたと明かしていました。

「経済成長に恵まれた時代だったから進学できた」とインタビュー時に答えていました。

「生まれた時代のせいで人生の可能性が左右されてはいけない」という意識もあるそうです。

大村秀章知事は東大時代にアメリカンフットボール部に所属していました。

人,文字

東大のフットボールを応援するアドバイザリーボードを務めています。

アドバイザリーボードとは、外部の有識者や専門家等から構成される委員会のこと。 経営全般や特定の課題について助言や評価を得て、経営の活性化につなげることを目的に設置される。引用:Google

大村秀章知事が生まれた愛知県に対しての熱い想いが伝わりますね。