エンタメ

山本太郎の学歴まとめ!高校中退の理由はメロリンキュー?【画像】

男性

元俳優で問題発言や行動が多いとされる政治家の山本太郎さん。

山本太郎さんは高校中退で中卒だという学歴があります。

高校中退の理由がダンス甲子園に出場した際に披露した「メロンリンキュー」と明かされています。

そんな山本太郎さんの学歴まとめと高校中退の理由はメロリンキューについて画像と共にお伝えします。

山本太郎の学歴まとめ!【画像】

男性

山本太郎の学歴まとめ

  • 箕面自由学園幼稚園
  • 宝塚市立中山桜台小学校
  • 箕面自由学園中学校
  • 箕面自由学園高等学校

幼稚園時代

山本太郎さんは兵庫県神戸市出身で父親は1歳の時に亡くなっています。

母子家庭で育った山本太郎さんですが、パワフルで正義感の強い母親のおかげでたくましく育ちました。

男性,女性

母子家庭といえば、貧しい家庭だと思いがちですが山本太郎さんの母親はペルシャ絨毯の輸入業を成功させた凄腕!

山本太郎さんは姉2人がいて3人姉弟で女手一つで育てられました。

小学校時代

小学校は、宝塚市立中山桜台小学校に通っていた山本太郎さん。

山本太郎さんは2ヶ月間フィリピンへホームステイをしていたこともありました。

母親がフィリピンの貧しい子供たちの支援をするボランティア団体のメンバーだったので、

子供時代に何度もフィリピンに行ってお手伝いをしていました。

母親には「日常的にも自分より弱い立場の人には、手を差し伸べろ」とすごく言われたそうです。

小学校の文集に書いた夢は「パイロット」。

この頃はまだ幼いながらの夢があったのですね^^

2006年に俳優として活動していた山本太郎さんは、日本テレビドラマ『神はサイコロを振らない』でパイロット役を演じ夢が叶ってしまったと当時はドキドキが止まらなかったそうです。

中学時代

中学時代はテニス部に所属していたそうです。

小学校6年生で初恋の相手に告白して断られた山本太郎さんですが、中学校に入っても1年間猛アタックをし続けてめでたく交際に発展。

交際期間は1年半だったそうですが、恋愛に燃えていたことが想像つきますね。

初恋の相手も仕方なくお付き合いされたのでしょうか…

高校時代

箕面自由学園は中高一貫なのでそのまま高校へ進学しています。

高校は剣道部に所属していましたが、サボりすぎて退部させられてしまったようです。

高校1年生の時に「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」のダンス甲子園に出場をきっかけに芸能界に入りました。

男性

この番組には3人グループで出場しており、グループ名は「アジャコング&戸塚ヨットスクール」。

当時のビートたけしさんからも面白いとウケており、また「山本太郎という名前がオーソドックスだ!笑」と共演者の笑いもとってたいたほど強烈な存在でした。

しかし、この番組が原因で山本太郎さんは高校を中退することになるのです。

スポンサーリンク




山本太郎の高校中退の理由はメロリンキュー?【画像】

山本太郎さんがダンス甲子園に出演したことで

  1. 同級生からのいじめ
  2. 保護者からのクレーム

学校側との関係も悪くなってしまったことが高校中退の理由です。

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」のダンス甲子園に出場した際に瞬発力抜群一発芸として披露したのが「メロリンキュー」

男性

特に意味はないそうですが、フィリピンで食べた「バナナQ」のデザートが由来だそうです。

学校からは「番組に出演しないか、自主退学するか」を迫られ山本太郎さんが退学することを決意。

ちなみに、ダンス甲子園は高校生であることが条件なので高校を退学したことで番組に出演できなくなりました。

高校中退後は、俳優とタレントとして活動。

映画「代打教師 秋葉、真剣です!」で準主役で役者デビューを果たしました。

高校中退に至ってしまった山本太郎さんですが、俳優業ではかなりのドラマや映画の出演を果たしているので、同級生や保護者はびっくりしたでしょうね!

ちなみに、山本太郎さんが高校1年生の時の夢は「政治家、総理大臣」

政治家は学歴が重要視されがちですが、高校中退の山本太郎さんでも諦めずに政治家の道に進んだことが評価されています。

もしかすると、総理大臣になる日が来るかもしれないですね。

まとめ

山本太郎さんの学歴まとめと高校中退の理由はメロリンキュー?についてお伝えしました。

政治家の中では一際目立つ存在の山本太郎さんですが、幼少期から母子家庭で育ち母親の影響でたくましく育ったことがわかりましたね。

高校はいじめにあってしまいましたが、芸能界での活躍も凄まじかったですね。

政治家は高校中退であってもなれる!夢はある!と希望を持たせてくれる山本太郎さんだと思いました。

今後も山本太郎さんの政治活動に注目ですね。